トップ » ツールスペシャリストのブログ

色々な機械工具のメリット・デメリットなどを紹介
by pro-kogu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
0.01mm単位で、基準位置を測定します!
あらゆる加工物の基準位置を測定できる、
大昭和精機(BIG)のダイヤル式基準位置測定器、3Dマスター3DM-20Aです。

この商品は、主にフライス盤に取り付けて使用します。
先端の丸い玉を、加工をする素材に接触させて、そこからダイヤルの目盛りがゼロになったところで、機械の中心と加工物の端面が、同じ位置にそろいます。幅(X)・奥行(Y)・高さ(Z)の三方向が測定できる事から、3Dマスターと名づけられました。
従来品は、幅・奥行の二方向しか測定できなくて、通電して測定していた為、通電性の素材しか測定出来ませんでした。3Dマスターは、ダイヤルを読み取る為、通電しない素材でも測定可能です。全ての加工物や機械に対応できます。

3Dマスターで、測定中です!e0110050_14544543.jpg
⇒興味のある方は、こちら!
[PR]
by pro-kogu | 2009-06-26 15:08 | 商品のこと
<< 「経営革新計画」の承認いただき... 狭いところにも、入ります! >>